睡眠障害

「寝つきが悪い」「よく眠れない」「すぐ目が覚める」などの不眠が続くと疲労感や、 不快感、注意力の低下、と正常なからだの機能をさまたげるほど深刻なものになっていきます。

さらに不安や抑うつの進行にもつながるため、睡眠前のリラックスを生活習慣にとり入れ、快眠のためのセルフケアに役立てましよう。



30分前に真正ラベンダーなど鎮静作用のある精油を枕元に数滴しみ込ませておいて、 入眠します。心が落ちついて、呼吸も整い静かな眠りを誘ってくれることでしよう。


スクリーンショット 2018-01-27 5.55.07

就寝の約20分前にかかとの

やや上から土ふまずのあたり

両足に真正ラベンダーを1~2滴ぬります。


スクリーンショット 2018-01-27 5.55.16

シャキッと目覚めるには交感神経の働きを高める必要があります。

熱め(4〜43℃)のシャワーを首から背中の上部にあてるのが効果的です。

浴槽の排出口に栓をして、口ーズマリー やレモン、ペパーミントなどの精油を好みで1〜2滴落としてバスルームに香りを漂わせます。 

シャワーのあとはコップ1杯の水分補給も忘れずに!代謝をアップして目覚めをすっきりさせてくれます。


スクリーンショット 2018-01-27 21.24.28

カモミールティーに牛乳を加えると遊民に役立ちます。



© 株式会社データ・プラクト一 2017